訪問看護・リハビリ・デイサービス・トレーニングの事ならMARUへご相談ください。

訪問看護
ホーム > サービストップ > 訪問看護・リハビリ

訪問看護とは?

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障がいを持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく自宅での生活を送れるように、看護師等(看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、在宅生活を支援するサービスです

訪問看護をご利用いただける方

訪問看護のサービスは病気や障がいのある方が利用できます
※ご利用できる保険(医療保険・介護保険)や制度についてはご相談ください

サービス内容

訪問看護ステーション MARU では次のようなサービスを提供しています

1生活上のお世話
  • 身体の清拭
  • 洗髪、入浴介助
  • 食事や排泄などの介助・アドバイス
2病状の観察
  • 病気や障がいの状態
  • 血圧、体温などのチェック
  • 脈拍および血中酸素飽和度などのチェック
3ターミナルケア
  • がんの末期や終末期などでも
    自宅で過ごせるようなお手伝い
4医師の指示による医療処置
  • 点滴
  • 褥瘡の処置
  • カテーテル管理
  • 排便コントロール等
5医療機器の管理
  • 在宅酸素、人工呼吸器などの管理
6床ずれ予防・処置
  • 床ずれ防止の工夫やアドバイス
  • 床ずれの手当て
7服薬の管理
  • 処方されている薬を正しく飲めるように
    サポート(服薬のセット等)
8認知症ケア
  • 事故防止など、認知症介護の相談・工夫を
    アドバイス
9リハビリテーション
  • 屋外活動(歩行)や作業活動
  • 拘縮予防や機能回復練習
  • 嚥下機能練習
  • 住宅改修や福祉用具選定のアドバイス、
    「いきがい」や「やりがい」探しのお手伝い
10介護予防
  • 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス、
    自宅でできる体操等の提案
11ご家族等への支援
  • 介助方法の提案
  • 相談

訪問看護のご利用方法

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合にも
かかりつけ医の指示書が必要となります。ご利用をご検討中の方は上記
「主治医」、「ケアマネージャー」、「訪問看護ステーションMARU」の
いずれかにご相談ください。

訪問看護ステーションMARUにご連絡いただいた場合の流れ

①ご相談

ご本人の健康状態のおおよその状況、ご希望をお電話でご確認させていただきます。

②連絡・調整

主治医やケアマネージャーと連絡をとり、開始の相談をします。

③初回訪問

ご本人の健康状態の観察や、ご本人やご家族の困っていることなどのお話を伺い、主治医の指示のもとにご本人に合ったサービス内容を決めていきます。

④継続訪問

定期的な訪問と必要に応じ臨時・緊急の対応をいたします。(事前の契約内容による)

⑤訪問看護の終了

ご本人の状態により訪問看護を終了できます。また、再度必要になった場合には主治医に確認して頂き、必要であれば再開することができます。

訪問看護のご利用に際しての費用

利用する公的保険の種類によって自己負担額の割合が異なります。
ご利用希望の訪問看護ステーションにてご説明さしあげます。

ページの上へ戻る