訪問看護・リハビリ・デイサービス・トレーニングの事ならMARUへご相談ください。

MARUのスタッフ
ホーム > MARUのスタッフ > 伊坂匡史
「自己の治療的活用」それが本質。

あなたにとって「やりたいこと」とは何ですか?

自分の趣味に没頭している瞬間など、とても気持ちがいいという感覚があります。やりたいことをする。気持ちのいいと感じることを増やしていく。それらが出来てくると本当の意味での『健康』に繋がっていくのではないかと最近感じています。

どんなミュージックが好きですか?

音楽は何でも聴きます。特にギター、ベース、ドラムの音が好きなのでバンド系の音楽が好きです。聴き飽きた曲でもベースの音だけ集中して聴いたりするとまた違った側面が見えたりします。皆さんもお試し下さい(笑)

この仕事の一番好きなところを教えてください。

学生の時、先生から『自己の治療的活用』という言葉を教えていただきました。知識や治療技術だけでなく、自分自身のありようや、存在自体が重要な要素になると。最初はよく意味が分かりませんでしたが、医療の分野で働く上では、それこそが本質なのではないかと思うようになりました。自分自身の成長を利用者さんに還元出来る。そこが魅力だと僕は思います。今後も精進していきます。

これからの世の中をどのようにしたいですか?

会社の理念にもありますが、みんながやりたいことができる世の中になれば良いと思っています。

ページの上へ戻る